1938年静岡で創業した富士工業は、トルザイトガイドをはじめ、様々なロッドコンポーネントを釣り人に提供しつづけるメーカーです。

釣り人の夢をかたちに。

ホーム > 新製品 > 遊動Kガイド
Last update 2014/02/06

新製品

振投にもKTangleFree世界初糸絡み自動解除フレーム
振投ガイドに待望の傾斜フレーム登場。しかもオールK 構造。
  • NEW KM 詳細はこちら中間〜穂先用
    リングサイズ 10 & 8
    計13パイプサイズ
  • 遊動K対応 NEW MG 詳細はこちら傾斜フレームトップ
  • 遊動K対応 NEW SHTC 詳細はこちらセミハードトップカバー
  • KWM詳細はこちら元〜中間用
    リングサイズ 25・20・16・12
    計43パイプサイズ

| 振出投竿用Kガイド登場

ついに遠投用の遊動型ガイドに傾斜フレームが登場。しかも糸巻き型Kガイドと同じ「糸絡み自動解除フレーム」のK構造だから、振出投竿でもキャスト絡みをはじめとする糸絡みが激減。だから、これまで傾斜フレーム装着の並継投竿で使われていたPE・モノフィラの細糸がそのまま使用可能。これで振出投竿でも「直立フレームだから・・・」という躊躇なく、糸絡みを気にせず爽快なフルキャストを味わうことができます。

糸巻き型Kガイド KW 遊動型KガイドKWM 糸巻き型Kガイド KT 遊動型Kガイド KM 並継Kスペック例 ガイド計7個 FUJI トーナメントスペック25 16 12 10 8 8 8 KW MN 振投Kスペック例 ガイド計7個 25 16 12 10 8 8 8 KWN KM MG

| 軽量化でロッド性能アップ

KWM&KMによって振出投竿を並継投竿と同等スペックにすれば、従来振投と比べて穂先ガイドが小口径化・軽量化されることにより、感度・正確度・飛距離など、様々なロッド性能を向上させることができます。

従来振投 スペック例 ガイド計7個 25WFM 20HWM−H(生産中止) 16 12 10 10WM 12FP従来振投スペック比ガイド総重量ー34%軽量比 −9.72g軽量比 従来振投スペック比モーメント重量ー32%モーメント低減 −14.1kgf.mmモーメント低減

| 並継に迫るスペックを振投で

振投ガイドがK構造になると・・・ マルチライン対応の系絡み回避機能 並継Kと同等のスペック設定が可能に ・・・リングサイズ・高さ・総ガイド数・・・振出でも、並継に近い本格志向の投竿がデザインできる・・・「並継みたいな振出」が実現。

| ネジレにくい高さ

KWMの高さ設定は糸巻き型Kガイドと同等のため、従来ガイド装着竿と比べてラインから受けるネジレトルクが少なく、キャストの正確度が向上します。

WFM 25 KWM 25 TA>TB F A TA F B TB

T : トルク
F : ラインから受ける力
高さがあるほどネジレトルクは大きくなり、狙いのポイントに正確にキャストできません。

 WM20H (生産中止) NEWKWM 20

バットガイドのひとつ前に装着されるガイドの高さもキャストの正確度を左右します。

| 磯遠投竿もK・・・これが磯遠投竿の推奨スペック例です

NEW 磯遠投 Kスベック例ガィド計9個 25 20 20 16 12 10 8 8 8 KWM KM MG

|トップガイドも傾斜フレーム

MGトップは、傾斜フレームでありながら糸巻き足がないから、取り付け時、糸を足に巻く手間なく接着だけで済み、しかも足がないことで、仕舞い込みもきっちり収まります。 そして、もちろん傾斜フレームだから、抜群の糸絡み回避機能を発揮します。

並継K用 傾斜フレームトップ 系巻き足 MN 振投K用 傾斜フレームトップ MG並継Kスペック例 ガイド計7個 FUJI トーナメントスペック NEW 振投Kスペック例 ガイド計7個 足がないから仕舞い込みキッチリ 絡みが抜けやすい 傾斜フレーム ラインが引っかかりにくい 凹凸のない背KWM&KM 装着ロッドのトップカバーには・・・セミハードトップカバー SHTC NEW FTC およそ30 年の時を経て、ついに振出投竿が変わった。振投でも・・・ ・・・キャスト時のループ絡みが自動解除 糸フケのカブりも難なく抜けますトップ側からのカブりもスルッと抜けますリングに通っているラインのサポートもあり、ティップへのカブりも抜けやすい