FUJI TACKLE PLUS +

FaceBook

ROD BUILDING & REPAIR

Vol.1
トップ取り外し

top1

1.ドライヤーで温め、カッターでコーティングとスレッドを取り除く。

※刃は、コーティングとパイプが重なっている部分に入れて下さい。

 


top2

2.パイプ部をライターの炎の腹で、左右にサッサッという感じで、あくまで軽くあぶり・・・




top3

3.ラジオペンチでまっすぐ引き抜く。

※捻るとブランクが痛みます。

※やけどにご注意下さい。




top4

4.ドライヤーで温めながら、アクリル定規の角でコーティング、接着剤を取り除く。

※固い定規を使用すると、塗装とブランクスを傷付けることがありますのでご注意下さい。

※コーティング除去に使用した定規は削れる為、定規としての機能は失われます。コーティング除去専用にアクリル定規をご準備下さい。

+NEW ENTRY

+CATEGORY

+ARCHIVE