1938年静岡で創業した富士工業は、トルザイトガイドをはじめ、様々なロッドコンポーネントを釣り人に提供しつづけるメーカーです。

釣り人の夢をかたちに。

ホーム > FUJI GUIDE CONCEPT > K・R CONCEPT > K・Rコンセプトの特長
Last update 2012/01/20

FUJI GUIDE CONCEPT

K-R CONCEPT
K・Rコンセプトの特長

ベイトキャスティング編

バットガイドとベリーガイドを形状的・強度的に新工夫したことにより、同一サイズの小口径ティップガイド群が誕生し、ロッドの驚くべき軽量化が実現。そこには小口径によるデメリットはほぼなく、しかもバットからトップまですべて糸絡み回避フレーム。これにより、N・G・C8大特長を上回る総合的ロッド性能の向上という大きなメリットを獲得しました。

感度アップ

ロッドの感度は、ティップガイドが軽いほど、また、ガイドの数が多いほどアップする。

K・Rコンセプト

ロッドは、ティップが軽いほどラインから伝わる振動に敏感に反応し、また、ガイドの数が多いほどラインとの接点が多くなリ、ラインからロッドに伝わる振動量が大きくなります。したがって、トップとガイドがチタンフレームなら、感度はさらにアップします。

 

ロッドパワーアップ

ロッドパワーは、ガイドの数が多いほどアップする。
K・Rコンセプトでは、N・G・Cと比べてティップのガイド数がわずかに増えますが、たとえ1個増えてもロッドパワーとフッキングパワーはアップします。

ロッドパワー

ガイドの数が多いと、ルアーやオモリの負荷を分散できるため、より重い負荷をロッドに乗せてキャストできます。

 

ロッドパワー

ガイド数を増やしていくほど、ラインがロッドから離れないため、ロッドパワーをロスすることなく、魚をより早く寄せることができます。

 

フッキングパワーアップ

ロッドのフッキングパワー&スピードは、ガイドの数が多いほどアップ する。

フッキングパワー

アワセ時、ガイドが少ないと、ロッドが曲るだけで、 フッキングパワーはあまり働きません。

同じアワセでも、ガイドが多いと、ラインがロッドから離れず、ロッドパワーをロスしないため、フッキングパワーがアップして針がかりが確実になり、魚のバラシが減少します。

さらにロッドの軽量化により、フッキングスピードもアップします。

 

バランスアップ

ロッドバランスは、ティップガイドが軽いほどアップする。

K・Rコンセプトロッドは、ガイドが増えてもティップはN・G・Cロッドより軽いため、モーメント総計が小さくなります。そのため、ロッドの重心が手元にくるので、ロッドが軽く感じます。

バランスアップ

飛距離アップ

K・Rコンセプトでは、軽いティップガイドを採用することによってキャスト時、ティップの返りスピード(曲げられたティップが戻る)が増します。そのためN・G・Cと同等以上の飛距離を出すことが可能です。

バランスアップ

プロテスターによる飛距離テスト結果

使用タックル : 6ft ライトクラスバスロッド、8LBフロロ、5g スモールラバージグ

投 法 : サイドハンドキャスト

バランスアップ

もうひとつ。
チョークせずにバットガイドを通過したラインは、いつまでも螺旋が残るため、ガイドごとに抵抗が発生し、トータルでの抵抗は大きくなるはず。
K・Rコンセプトは、ベリーガイドに突入する前に螺旋を急速に完全にチョークして直線化するため、ラインはチョークガイドの後のガイドを極めて抵抗少なく通過していくから飛距離がアップするはず…という考え方です。

糸ヨレ減少

糸ヨレ減少

スピニングタックルの糸ヨレトラブルは、ガイドの数が多いほど減少する。

糸ヨレトラブルの発生メカニズムを巻尺にたとえると…
スピニングリールのスプールから出入りしたラインは、リールのラインローラーやガイド抵抗でしごかれ、ヨレは先側に送られ、たまっていきます。

 

正確度アップ

キャストの正確度は、ティップガイドの背が低いほど、また、リング径が小さいほどアップする。

柔らかいティップに背が低い小口径ガイドを採用するため、ロッドのネジレ方向に働くトルクが小さくなります。その結果、 ロッドを真っ直ぐに振れ、安定したキャストができます。

正確度アップ

 

糸絡み減少

Tangle Free

バットからトップまでオール糸絡み激減。

K・Rコンセプトは、ベイキャスティング編・スピニング編ともバット→ベリー→ティップ→トップまでがすべてキャスト絡み・糸絡み回避機能に優れたフレームで構成されているため、煩わしい絡みのトラブルが激減し、キャストからラインディングまで絡みを気にせず快適に釣りに集中することができます。

KL-Hガイド

K構造だから、厄介なキャスト絡みを自動解除

KL-Hガイド

KBガイド

K構造は、上向きでも下向きでもいろんな絡みが抜けやすい。

KBガイド

KTガイド

KTガイド

ガイド

K構造は、上向きでもキャスト絡みに強い。

ガイド

FCトップ

ベイトキャスティング編
ティップガイド4.5以下のトップには…

FCトップ

LGトップ

スピニング編
ティップガイド4.5以下のトップには…

LGトップ

MNトップ

ベイトキャスティング編・スピニング編とも
ティップガイド5以上のトップには…

MNトップ