Step5【補足編】「トップガイドの巻き方」

 

「Step5ガイドの巻き方(ラッピング)」の補足編として、今回はトップガイド接着後の糸巻き(ラッピング)を紹介します。
通常のパイプ型トップガイドは、しっかり接着してあればスレッド巻き、
コーティングはしなくても良いですが、更に糸を巻くことで、ブランクとガイドとの段差が気にならない、強度が増す、デザインが楽しめる等のメリットがあります。
 


 
●抜き輪(細めのPEラインやナイロンライン)●糸(スレッド)●ハサミ●ドライバーなど(糸慣らし)
●トップガイド●ブランクス

 

 
1.今回使用するトップガイドはKGトップガイドです。

トップガイドは細く安定しないため、手で持って巻いていきます。
シングルフット巻き方の詳細はこちら→「Step5ガイドの巻き方(ラッピング)」

 
2.パイプの手前部分から巻き始めます。糸を一周させ、

 

3.十字に交差させます。人差し指で押さえながら少しずつ巻いていきます。

 


 

4.はみ出している糸端をハサミで切り

 


 

5.そのままパイプの上まで巻いていきます。

 

 

6.ガイドが下になる向きで抜き輪を入れて

 

 

7.そのまま数回巻きます。

 

8.人差し指で押さえながら4~5㎝の長さを残して糸の先を切ります。

 

9.余った糸の先を抜き輪に通して

 

10.斜め45°に抜き輪を引き抜きます。

 

 

11.引き出された糸を根元から切ります。

 

 

12.トップガイドの糸巻きの完成です。