富士工業株式会社

Fuji

TOP > FUJI TECHNOLOGY > SiCリングについて

SiC RINGSiCリングについて

SiC RING

30余年に渡り進化し続けているSiCリング
世界が認める、抜群の安定感

超・放熱性

SiCは、改良型ハードリングの5.7倍という圧倒的な熱伝導率。ラインが急に強く引っ張られる時や大きな魚を寄せる時、リングとの接点には瞬間的に高熱が発生します。SiCリングは、その熱を一瞬で拡散し、大切なラインを守ります。

超・スベリ

SiCリングは、宝石レベルの鏡面研摩仕上げ。硬く崩れにくいSiCを特殊製法によって徹底的に滑らかに磨き上げるから、表面は顕微鏡で見てもツルツル。
改良型ハードリングと比べた糸切りテストでは、驚異的な低摩擦抵抗によって20倍以上のライン寿命を記録(当社テスト)。
ラインダメージを飛躍的に軽減し、色艶も変質または劣化しません。

超・硬度

SiCはステンレスの12倍の硬度で、ダイヤモンドに次ぐ硬さ。目に見えない砂や塩が付着したラインは、長~いヤスリと同じ。なので特にPEラインには、削れにくく減りにくいSiCは不可欠なのです。

超・軽量

SiCはステンレスの1/3の軽さ。これは、超軽量チタンフレームとの相乗効果で、感度やバランス、ロッド性能を大きく引き出すカギとなります。

虚偽表示にご注意ください。

「SiC」は化学式です。

【Silicon Carbide】
ケイ素(Si)と炭素(C)の1:1の化合物。化学式SiC

SiC

表面仕上げが違います!形状が違います!

表面の鏡面仕上げと、接点にもこだわった形状がラインダメージをさらに軽減します。